Memorychain(メモリーチェーン)に感染するということ

Memorychainとは何か

というと、仮想通貨を使ったカード遊びです

トレーディングカードで遊んだことのある方ならなじみやすいかもしれませんが、私はそういったもので遊んだことがなかったので最初は今一つピンときませんでした

そもそも整理整頓ができないのでカードとか買っても

★ちらかす
★よごす
★なくす

の三重苦になるのは明白なのですよ

しかもいくらカード持ってても遊び相手がいn

 

まあそういう訳でカード収集やカードを使った遊びがあること自体は知っていましたが、自分には関係のない世界であったのです

そう、あの時までは……()

エムヤマ氏との出会い

2017年初旬、色々と込み入った事情があって私はとある暗号通貨マニアの人(仮にエムヤマ氏とする)と知り合うことになりました

ある日エムヤマ氏から

「Memorychainってご存知ですか?」

と勧誘もとい勧誘を受けたのですね(あれ?

 

その時に参考資料として送られてきたのがMemorychainの説明書である以下のアドレスです

https://docs.google.com/document/d/1SVRYVyZGOESNG5waXU_4aBjLV15hWZwYM8U8XGp5H00/edit

当時の私は

「ビットコインはコインチェックっていうお店で買うんだね!やっとわかったよ!」

くらいのレベルでしたので

冒頭の

暗号通貨業界内のプロジェクト、出来事をイラスト、トークン化し、ブロックチェーン上に消えない思い出を残そう!

の時点で心が折れました

 

……トークン?

 

トークンとは トークンとは、お客さまがお取引をされる際に必要な本人認証として、1度だけ有効なパスワードが表示される大切なものです。 … トークンがお客さまのお手元に届いてから、利用登録を行っていただきますと、はじめてお客さまの口座情報と結びつきます。

トークンとワンタイムパスワード – ジャパンネット銀行

www.japannetbank.co.jp/token/onetime/index.html
※Google検索「トークンとは(https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%81%AF)」より引用

 

……ジャパンネット銀行?

「トークンとは」で調べても、なんかよく分かんないことばかりが出てくるので

もぅゃだ……ねょ……

ってなりますよね

 

なんとかしてトークン=通貨的なもの

という理解まで進んだとしても、先述のMemorychain説明書の次の段落

 

業界に関連するオリジナルイラストを作成。それに対応するトークンを発行。イラストとトークンをBook of Orbsに登録。ユーザーはBoO上でカードとしてコレクション&トレード。将来的には外部のゲームなどでイラストは利用可能。 (a.k.a Rarepepe model)

 

ほーら何も分からなくなった

イラスト作成までは分かりますよ
一応イラストレーターでもありますからね私は

でも、それに対するトークン……通貨……を発行……だと……?ってなりますよねー

それ以降はもはや意味不明ですよねー

スヤスヤ不可避ですよねー

 

という訳で、その後エムヤマ氏とリアルで会う機会があったのですが

「メモチェンでしたっけ?あんなの無理っすわーwwwwビットコですらまだよく分かってないのにトークンとかカウンターパーティとかフォカヌポゥwwww」

と言ってお誘いをやんわりと辞退したのです

 

 

その後、訳も分からないうちに参加することになるのでありました

これは多分、何かが感染し、そして発症したんですね

何かというのはアレですよ

コンピューターウイルス的な?

精神汚染的な?

 

多分あの説明書に何かしらがあるのだと私は踏んでいる

やっぱりメールに書かれているリンクは踏んではいけなかったのか
(セキュリティの鉄則ですよね!)

 

もちろん、誰にでも感染するものではないと思います

私たちが日常的に風邪菌を始めとした様々な菌やウイルスに晒されていても毎日毎日病気を発症しているわけではないのと同じように、仮にあの説明書を読んで何か精神的ウイルスのようなものに触れたとしても、発症するかしないかはその人の体調とか生い立ちとかストレス状態とかで変わってくるのです

 

よく分からないけど、あの説明書に書いてあるメールアドレスに400 x 560のサイズでイラスト描いて送ったらええねんやな!

 

ということで送ったのが

このイラストです

まさかOKが出るとは思わなかったのですが、まさかOKが出たので慌ててその後の手続きをエムヤマ氏に泣きついて教えてもらったのれす

とりあえず、Pepecashというのをどうにかすればいいんですよね?

これが、私がエムヤマ氏に送ったメールの中の一文です

あとは

XCPはZaifで買うんですね!
一生懸命IndieSquare上で変換するために念じ続けるところでした

とか

「念ずれば花開く」という言葉がありますが、とりあえず暗号通貨に関しては念じてもAという通貨がBという別の通貨に変換されることはありません

ググレカス文化で育ってきた私にとって

「人に聞く」

というのはこれが初めてだったかもしれません

だってググってもよく分からなかったんだもん……

でも、やはり習うより慣れろですよね

一度やってみたらなんとなくやり方が分かったので、気を良くして次に作ったカードが

こちら

実物はなんとアニメーションするんですよ(∩´∀`)∩ワショーイ

という訳で、もしイラストが描ける人で遊び心があって、仮想通貨とかよく分からないけど興味はなくもないしもしそれがお金になるとしたら……!?みたいな感じの人がいたら、説明書(別名、ホワイトペーパーといいます)

https://docs.google.com/document/d/1SVRYVyZGOESNG5waXU_4aBjLV15hWZwYM8U8XGp5H00/edit#

を読んでみてください

最初は意味が分からなくても、適性があれば、感染できるかと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です